「PIKA☆NCHI」シークレットトーク


☆ ☆ ☆

櫻:「オレさ〜全然話変わるんだけどさ〜
  このシークレットトークの面白いところはさ〜。
  あの〜。CDに入れてさ〜。
  いきなり3曲目っていうのが出ちゃうところがシークレットじゃないって」
ニ:「んははははは(爆笑)」
櫻:「いっつも思うんだよね」
ニ:「おれもいつも思うよ」
櫻:「シークレットトークってたぶん2曲目の、何秒かまで待って、
  お、しゃべり始めたってのがシークレットトークなのに、」
ニ:「うん」
櫻:「入れると、ダーン!って3曲目が出てきて(笑)えへへ」
ニ:「なんだろ3曲目ってなんだよね」
櫻:「ものすごい自己主張の強いシークレットトークになってると思うんだよね」
ニ:「だから、絶対聞けよっていうシークレットトークだなあこれ」
松:「(笑)すごいよね」
櫻:「おれいっつも思う。
  "a Day""ナイス"と2回きて、思ってたんだけど。」
ニ:「ほんと、オレも思ってたよ」
松:「たしかにね〜。だってCDこう〜、
  停止の状態で見ると3って出ちゃうわけでしょ」
ニ:「うん。入れたらもう3って出る」

嵐:「あははは(笑)」

ニ:「あれ?みたいな」
松:「あれなんなんだろって話ですよね」
ニ:「だからさ〜、」
相:「面白い」
大:「トークでいいじゃん」
ニ:「トラック14とかにしとけばいいじゃん
  もうトラック数増やしちゃって。ガンガンに。」
櫻:「だから、ぽっぽぽっぽ、増えてくやつでしょう?」
ニ:「そうそうそうそう。」
櫻:「いやあ〜あれが面白いんだって!
  おまえ〜、このシュールさをわかれよ〜!」

嵐:「んはははは(笑)」

櫻:「シークレットっつってんのに、3曲目があるっていう」
(笑)
松:「たぶん、今気づいた人も、いるのかなっていうふうに、
  (笑)僕は思うんですけど」
櫻:「そこマジ(笑)ポイントだから」
相:「かわいらしいよそこ」
櫻:「オレらの!」
ニ:「(笑)ちょっと面白いよね
  でもさCDにはさ〜、1曲目と2曲目しか書いてないんだ」
櫻:「そう、そこの点でシークレットなわけだ」
ニ:「そうそうそうそう」
ニ:「そこではまだ気づかない」
んふふ(笑)
松:「開けて、入れてみてはじめて気づくんだ」
ニ:「入れてみて、3てなってるみたいな」
相:「んはは!!(爆笑)」
相:「たしかにね。
  どこがシークレットなんだかわかりませんけどもね」
ニ:「表記上ですよ。CDのパッケージの。」
相:「あ、表記上ね!」
ニ:「はい。あれは、1こと2こしか書いてないすから
  カラオケと、あの、ほんちゃんと。」
相:「普通入れたら気づきますもんね(笑)」
松:「(笑)入れた時点ではもう、アウトですよね」
ニ:「100パーですよね、
  まず3が気になるっていうことですよね、
  書いてないんで」
相:「たしかにね〜」
櫻:「あれは新しいよね〜ほんとに。」
ニ:「あれ面白いよね」
松:「うん」

櫻:「大野くん、あの前回の聞いた?」
大:「聞いてないんだよ」
櫻:「ひどいよ(笑)ははっ」
松:「マジシカトされてる」
櫻:「マジシカトされてっから(笑)」
大:「なんでなんで?」
ニ:「いじめみたいだったよ」
大:「どんな、トークだったっけ?」
櫻:「なんか〜」
ニ:「とりあえず大野くんがなんか、
  みんなに呼びかけるんだけどさ〜」
櫻:「そう」
ニ:「呼びかかんないんだよみんなが」
櫻:「間が超できる」
相:「その間に笑ってるみたいな」
大:「いつ録ったっけ?」

(シーン。。。)

嵐:「ぶはっはっはっは!!!」

大:「おまえら!
  て、てめえら。
  なあ!」

嵐:「ははははは(笑)」

ニ:「こんなんばっかでしたよ、前の。」
松:「こういう感じですよ」
ニ:「前のトーク」
大:「今度はさあ、
  めちゃくちゃくいついてきてよ今度は
  今回のは。
  オレがしゃべることによってさあ
  ね、ね!」
(シ〜ン)
大:「以上で〜す」

嵐:「んはっはっはっはっはっは(爆笑)」

ニ:「リーダーいいの?もう何にもない?」

松:「なんか言っといたほうがいいんじゃない」
大:「マジで?」
松:「うん」
ニ:「コンサートのことでもいいっすよ、
  なんかあったら。」
大:「コンサート。。。」
松:「どうだった?終わってみて」
大:「いや、オレねコンサートでね〜。
  踊り上手くなったと思う、自分で」

(笑)んふふ
松:「意味がわかんないすよ」
櫻:「意味がわかんない」
大:「いやマジマジ」
松:「自分で自分を見て〜、あ〜オレ踊り上手くなったなと。。。」
大:「いやちゃうちゃう、踊っててねがっちりはまる、のよ」

松:「どういうこと?」

大:「あの、"愛を語ろう" とか。"今愛を語ろう" とか。」
松:「ふふ(笑)略さないようにね」
大:「うん」
松:「はまるってどういうこと?」
櫻:「"今" だけ略したんだよね」
大:「なんか、踊ってて気持ちいいの。
  そういうときない?がっちりはまってるとき」

嵐:「ふはははははは(爆笑)」

櫻:「表現が面白いね
  なに、"がっちりはまってるとき"」

あははは(笑)
松:「それたぶん大野さんがっちりはまってるなって
  思うかもしんないけど、
  オレらたぶんそうは思わないすよたぶん」
大:「いや、ふりで、
  ちょっとやりづらいなっていうふりって、
  あるじゃん。」

うんうん

大:「あ、ここちょっと、なんか、ま、
  でもしょうがないなって。
  でも、おれは全部、はまってんのよ」
櫻:「がっちりはまってる」

 あっはっは(笑)

櫻:「音と。」
大:「そうだから、おれ、うまくなったのかなって思って」
櫻:「え、じゃなに、こう、コンサートで、
  例えば、「今愛を語ろう」踊ってるときも、
  あ今、がっちりきてるよ〜ってときもあるわけ?」

へえ〜、ふーん

ニ:「そんなの思ってんだ」
櫻:「相葉さんなんかめったにないすよねえ」

はははは(笑)

相:「いっつもはまっちゃって
  いっつもはまっちゃって、
  どう抜け出せばいいかわかんなくなっちゃう」
櫻:「(笑)こないだマジうけたのはさ〜、
  北海道の野外でさ〜、
  「時代」遅れて出たと思ったら」

ぶはははは(爆笑)

ニ:「こけたでしょう!」
櫻:「出たらこけやがってさあ〜」

はははは(笑)

ニ:「誰か時代のとき笑ったでしょう!
  ねえなんか踊れなすぎて笑ったやついるでしょう誰か」
櫻:「オレ(笑)」
ニ:「ねえ!」
大:「オレも笑ってた(笑)」
ニ:「なんかさ〜」
松:「あれひどかったねえ〜」
相:「ほんっとひどいわあれ」
ニ:「思いっきり決めて出たけど誰ひとりとして踊れてないって
  ジュニア見て、ジュニア見て踊ってた人いたでしょ誰か!」
相:「ちがう、その前に」
大:「その前にね〜」
相:「その前にオレが入ってきた時点で」
大:「オレが、」
相:「その4人のフリがばらっばらだったのよ。」
松:「んふふふ(笑)」
相:「それに受けたのよまず。
  なにやってんのって。
  みんなしてちがうことやってんじゃんって
  思ってたら自分がこけたんだ」
松:「いやあ〜、あすこ失敗したね〜」
ニ:「あすこやっぱね、
  無理して踊んなくて良かったんじゃないかなって
  今見ると思うね」
大:「オレもね、実は位置間違ってたんだよ
  オレ一番外だったんだよ」
相:「うん」
大:「でも相葉ちゃん外行っちゃって、オレ中入ってて、」
相:「だってオレが来る。。。」
大:「びっくりした(笑)」
松:「マジひどかった
  あ〜あすこやんなきゃよかった、
  やん。。。やっとくべきだったねちゃんと」
櫻:「そうだよな〜」
松:「あすこリハが時間なくて出来なかったんだよねダンス
  とおせなくて。。。」
ニ:「あはは」
松:「あとでやろうって話になって」
相:「こけたのわかった?」
櫻:「いや、マジ衝撃的マジ。
  出た時に、あ〜相葉ちゃんやっちゃった
  出てねえよ〜とか思って、
  ぜってえ場所間違えてるよって思ったら、
  お!出てきた!あ、こけた!!!
  いいとこねぇ〜!みたいな」

あっははははは(笑)。。。。


☆ ☆ ☆


あ〜面白かった(笑)
コンサートの反省会も、こんな感じでやってたんですかね。
こんな反省会だったら、話はつきないだろうね(笑)

みんなの笑い方とかも、それぞれめっちゃ味があっていいよね♪
翔くんの笑い声は、聞いてるこっちにも伝染するような、
ほんっとにおかしくてたまらないって感じと、あったかさがつまってるんだよね♪

ニノの笑い声は、めっちゃかわいい♪
あははとか、きゃははって感じで、なんてかわいいんだろうって思うね(笑)

相葉ちゃんの爆笑は、一気に周囲のテンションを上げるね(笑)
相葉ちゃんの元気が、そこでさらにはじける感じ♪

リーダーは、基本、話し声も小さくて、すんごいソフト〜で優しい声なんだよね(笑)
その柔らかさに癒される〜♪
松本さんは、トークの声とか、めっちゃ低くてね(笑)
冷静〜に、こう、話すテンポもわりあいゆっくりめでね。
笑いも、んふふ(笑)とか、そんな感じの、低音の魅力だよね(笑)

このトークでも、ほんと、しつこく言ってしまいますけど(笑)、
私の中では翔くんのやんちゃな感じがめっちゃポイントですね!
こんな翔くんが、いつから丸くなって、
嵐のお母さんになるんでしょうか???

それにしても、文字起こしって、大変な作業だよね(笑)
みんなのラジオを文字起こししてブログに上げてくれてる人とか、
ほんとに、いつも、大変だと思う!
やってみて初めて、その大変さがわかります(感謝)

何回聞いても聞き取れないところとかもあるしね。。。
私のダメダメ文字起こしは、たぶん、
よくて8割くらいしか出来てないかな。。。

そんくらい、と思って、広い心で読んでくださいね(笑)


☆ ☆ ☆